結婚直前に恐ろしい事実が発覚!貯金140万円が、、、

Pocket

SPONSORED LINK

私は今の旦那と、婚約から結婚までに一年と少し時間がありました。
そのあいだはただ嬉しいばかりで、ゆっくりと結婚式や新居の準備をしていました。

初めてお金の話をした時

結婚が決まってから当時のお互いの貯金額を確認し、旦那には結婚指輪と新婚旅行代を出してもらうことにしたのですが、それでもまだ150万以上は余裕のある状態だったのでそれ程心配はありませんでした。

私は家具家電を担当することになったので、逆算して新婚生活までの時間を過ごし、余裕資金で遊んだり欲しい物を買ったりしていました。それが当たり前だと思っていたので、、、

いよいよ新婚生活開始!という時に

新居を決めていた時、そういえば貯金はあのままなのか?増えている?それとも減っていたら、、、と気になった私は、一緒に住む2カ月前に再度貯金額の確認を行いました。

すると、、、
なんと!40万程しか残っていないと告げられたのです。

一瞬、何を言っているのか意味がわからなくなり『40万使ったの?』と聞いたけれど、やはり答えは同じで40万しか残っていなかったのです。もはや新婚旅行や指輪どころではない。

とりあえず一旦落ち着き、何にそんなに使ったのか聞くと、ほとんどが洋服代という。理由は、結婚したらもう買えないと思ったという何とも幼稚な答え。

怒りが湧いてきた私は、本当に洋服代だけなのかクレジットカードの詳細を2年分取り寄せ確認しましたが、本当に洋服や靴だけでした。

もうアホとしか思えない。こんな人と結婚して大丈夫か?!結婚やめようとまで思ったけど、お金に関して私の言う通りにしてもらうという事で、これからどうするかという気持ちに切り替わりました。

頭のなかはとにかく金、金、金

とにかく少しでもお金を元の貯金額に近づけないと!ということで以下の金策を実践しました。

①まずはその時ボーナスが入りたてだったので、使う前に私にすぐ渡してもらって貯金。
②当初は私が親にお金を借りて買った車を売り払い、そのお金を親に返すつもりでしたが、両親にお願いして借りていたお金はチャラにしてもらうことに。そして旦那の車を売り、貯金。
③旦那が買いまくった服をオークションで売ってもらい、売上金をそのまま私に渡してもらって貯金。
④旦那の両親がお祝いにくれると言っていたお金を断っていたが、理由を説明し、いただいて貯金。

これでも全然元には戻らなかったけど、なんとか新生活は始めることができました。

落ち着いたと思っていた時に追い討ちをかけられる

新生活を始めて半年、結婚式も終わり落ち着いてきた頃、毎月届くカード会社の裏面に書いてある内容に目を止めました。

リボ払い手数料とかいてあるが、リボ払いをしたことの無い私にはよく意味が分からなかったので、旦那が帰って来てから聞きました。すると『あー昔リボ払いしたかも』とのこと。。手数料が毎月数千円とられていて、残りの支払いが20万円ある事実が発覚。

本当に呆れた。独身時代の借金のようなものだろう。もう自分でなんとかしろ!ということで、毎月のお小遣いとボーナス時のお小遣いをリボ払い分を返し終わるまで無しにして、自分で支払ってもらいました。

その後からクレジットカードは持っていないので、お金のトラブルは起きていないし、お金に対して私に文句を言うことはありません。今までこんなにお金のことで考えたのは初めてでした。結婚って、愛だけではやっていけないと、感じた出来事でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る