彼氏が苦手な営業職に転職!そしてダブルワーク貧困地獄

Pocket

SPONSORED LINK

彼氏が苦手な営業職に転職!その理由に思わず涙

私は35歳、派遣社員です。29歳のとき、当時の彼氏(今の旦那)と同棲を始めました。

彼は真面目なタイプでしたがあまり人付き合いが上手ではなく、それが仕事に影響して人間関係で揉めてしまい、5年間派遣社員で働いていた会社を辞めることになりました。

根が真面目なので、それからすぐに転職活動をして、辞めた翌月には新しい会社で働くことが決まりました。しかも正社員だと言います。

そのときはとても喜んだのですが、「ずいぶんスムーズに決まったな」と思っていたら、太陽光発電の訪問販売会社の営業職だというのです。固定給が出るのは最初の2か月だけで、あとは歩合給。

それより何より、人付き合いのヘタな彼が、世の中これだけ色々な仕事がある中でなぜ一番向いていなさそうな訪問販売の営業などをやろうと思ったのか、それが全く理解できませんでした。

転職祝いは置いておいてまずそこを問いただすと、以前の会社は給料が少なくて貯金もろくにできなかった、同棲を機に区切りとして結婚を考えているので、辛いかもしれないが頑張れば給料をたくさんもらえる仕事を選んだ、と言うのです。

実質的なプロポーズともとれる彼のその言葉に、そのときは感動してしまい涙を流して「ありがとう。一緒に頑張ろう!」と言ったのを覚えています。

転職先はブラック企業!?お給料が4万円

しかし、やはり世の中はそんなに甘くありませんでした。彼のお給料が出る研修期間の2か月はあっという間に過ぎて、3か月目からは歩合のみのお給料となりました。

最初の月は4万円!それも、土日もほとんど出勤して朝から夜遅くまで働いてです。バイトでもした方がよっぽどお給料もらえます。翌月も4万円。翌々月が2万円(なぜか減った)。

どうやら自分で営業へ行って契約まで取り付けたことはないらしいのですが、テレアポを取ってそれが先輩の助けで契約になった分の歩合とのことでした。

節約生活と単発バイトで生活費を捻出する日々

最初は私との結婚を考えて苦手な仕事を頑張っているその姿に感動して応援していたのですが、これでは家賃や生活費を半分出せとは言えません。私も当時派遣社員で手取りが15万円くらいしかなかったので、2人分の生活費を賄うのが厳しくなりました。

彼と話しあったところあと半年だけ頑張らせてほしいというので、私も悩みに悩んだ結果、家計を限界まで節約して半年間だけ切り抜けようと考えました。それでも月に2~3万円は足りませんでした。なので、私は土日に単発でできるバイトを入れて足りない分をまかないました。洋服なんてその間は1着も新しいものは買えませんでした(笑)。

営業社員として一人前になった彼。転職にも成功して、ついにお金のない生活からの脱出!

そのような切り詰め生活3か月目くらいから、彼が自分の営業で契約を取れるようになりました。お給料が15万円、20万と少しずつ増えていったのです。約束の半年後には25万円以上のお給料をもらってきました。

私もやりくりするのに必死でしたが、彼も仕事で結果を出すのに必死だったと思います。その後、彼は営業の仕事に自信をつけて、先輩の紹介で別の営業職(商社のルート営業)に転職しました。今度はきちんと固定給+歩合でお給料が毎月きちんと支払われて、月給4万円なんてことはない会社です(笑)。

彼が転職して2年間、今度は二人でしっかりお金を貯めて、ついに結婚をしました。今では、当時では考えられないくらい安定した生活を送っています。お金がない苦しい生活を何とか乗り切れたことは、これからの長い結婚生活の中でいい教訓となり自信にもなったと思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る