自分には全く無関係だと思っていたはずの金融機関からの借り入れ

Pocket

SPONSORED LINK

マジメなはずの私が出会ったモノ

私はパートタイムをしながら子育てをしている普通の主婦です。以前の私は金融機関何て全くの無関係と言える程、お金の使い方に関しては細かい性格でした。

ですが数年前、知り合いに教えてもらったスロットにどっぷりはまり、初めは生活が少し苦しいかなって思う程度でしたが、徐々に投資額が高額に。一万無くなるのが辛くて仕方がなかった私が気がつくと一日で十万無くすほど打ち込む様になってしまいました。

生活費にまで手を出してしまい、主人にも打ち明けるわけにもいかず、困り果てた私は知り合いが以前利用していて金融機関に相談することになりました。想像していた借金というものとはだいぶ違っていて、オペレーターの人も優しく親切に対応してくれました。

あっとゆう間の30分程度に私の手元には20万もの大金がすんなり手にはいりました。

なぜか抜け出せず!

安心した私はすぐに支払いを済ませ、もうこれ以上負債を増やさないように気を付けようと心に決めました。決めたはずなのですが、、、今のキャッシングとゆうものはとても便利で、カードを使ってお金を簡単に手に入れられるんです。

結局私は、また生活費からスロットを打ち込み、少しずつ負債額も増えていきました。手元にもお金がなく、また借りようと思ったのですが借入額とは今は年収の30パーセントほどに決められているようで私はもう上限額に達成してしまっていました。

手元にお金がなく、カードでも借りられずどうにも動けない状態になってしまいました。子育てをしている主婦がお金をもってない状況は非常にまずいです。このときにようやく私は我にかえりました。

得たものと失ったもの

結局、金融機関からお金を借りたところでそこからまた繰り返し使ってマイナスが増えるだけ。私の場合は、スロットとゆうものから抜け出さない限りお金が残ることはないと。もし金融機関の上限額がなければ恐ろしい額の借金を抱えていたのではないだろうか。そう考えると恐ろしくなりました。

映画でよく見る借金のように、いくらでもかしてくれて無理な取り立てをする、みたいな事は今の時代ないかもしれません。借りる側の状況を見て、返せない額はかしてはくれません。今が私の生活の底辺だと思います。ここからは何かに頼ることはできないので、結局は自分で頑張ってお金を作るしかありません。

これからお金を借りようとしている人、とても今の金融機関は親切でそして便利です。でも、借りようとしているお金は今本当に借りなくてはならないのでしょうか?いくら簡単といえど、金利は発生します。

頑張ってなんとかなるものなら、無理に借りず、こつこつやっていくことをおすすめします。借りてもまた、なくなる人が多いのでは?金利分働かなくてはならなくなるだけです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る