美容整形のための、学生時代のはじめての借金

Pocket

SPONSORED LINK

学生時代の決断

わたしがはじめて借金をしたのは大学生の頃。22歳の頃です。当時はファミリーレストランでアルバイトをしており、毎月4万程度稼いでいました。多い月には6万程度です。

借金の目的は、美容整形のためです。大学生になったら、絶対目の整形をしたい!と考えていました。ずっとコンプレックスだったのです。だからアルバイトをして、しっかりお金を貯めて、行おうと考えていました。

ただ、大学生から始めた一人暮らしは、想像以上にお金がかかりました。家賃は親の援助があったものの、それ以外の生活費は自分で稼ぐ、ということが絶対的なルールだったのです。そのため、アルバイトをしてもどんどんお金がなくなりました。

特にサークルの飲み会や、アルバイト先での飲み会が楽しく、その度に散財してしまう始末…。漠然とこのままだといつまでも整形できない、と焦っていました。20万ほど必要だったのですが、全くたまりませんでした。

そんな時たまたま駅で学生ローンというものがあると知りました。学生ローンは学生でもお金が借りることができ、最大50万まで、しかも親にもバレないと書いてありました。

いつまでに完済すれば良いかをシミュレーション

今まではお金を借りるという考えが無かったのですが、学生ローンの存在を知ってからはあれやこれやと悩んだ挙句、最終的には利用することを決意しました。

当然、返済には利子が付くので油断してはいけません。まずいつまでに返済するかをシミュレーションしました。いまは、消費者金融のWEBサイトはどこでも、返済シミュレーションができると思います。そして、毎月どれだけ返済するかの計画をたて、いざ学生ローンの会社に行きました。

高田馬場にある有名な学生ローンカレッジです。わたしは無人ではなく、有人での手続きにしました。理由は、取引で不十分な点があって、家に連絡がいったりしたら困るからです。親にはばれたくなかったので、有人での対応にしました。対応で出てきたのはギャルっぽい若い女性でした。淡々と対応してくださいました。そして借り入れのための書類を作成しました。

もちろん、書類には親の勤怠状況も書く欄がありました。収入は、月4万で記載しました。20万要求し、そのまますんなり20万借りることができました。

お金を借りてみて感じたこと

ただ、リスクはもちろんあります。きちんとシミュレーションできなくて、何も考えずに借りるのは本当に危険です。

借金ですから、利息と元本を減らす必要があるのですが、アルバイトにあまり入れなかった月はほぼ利息のみの返済で、とても辛かった思い出があります。いまは、社会人として年数もたち、すでに借り入れ分は完済して貯金もあります。

消費者金融は、やはり計画的に利用すれば、夢の実現などに役に立ちます。わたしは利用して良かったと実感しています。おかげで長年のコンプレックスがなくなったのですから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る