几帳面な人が楽しく出来る節約・貯金方法

Pocket

SPONSORED LINK

①私が独自の貯金をはじめたきっかけ

私は自分の欲しい物にお金を使い過ぎてしまう傾向があります。お金を人に借りたことはありませんが、給料の半分ほどを自分のものにあててしまい、月末に首を絞める事が度々ありました。

昔から貯金は通帳やカードの中で行うものであると思い、通帳の数字を見て貯金しているつもりでしたが、実際はすぐにお金を降ろせてしまう環境にあるため全く貯金になっていませんでした。

そこで私は、口座での貯金を辞め、「家の机の中貯金、会社の机の中貯金」というものを始めました。正直、自分の気持ちの変化が必要な方法ですが、多少の我慢と言い聞かせがあればだれでも簡単に出来ると思います。

②「家の机の中貯金、会社の机の中貯金」とは

一言で言ってしまえば、”小銭貯金”です。100円ショップで購入できる釣銭ケース(レジなどで使われる50枚ずつ小銭を保管できるケース)にお金を貯める方法です。

通常の小銭貯金は、貯金箱や日本酒の大きなボトルに一円玉や10円玉、100円玉をランダムに貯めていくのが一般的です。しかし、その方法は”合計がわからない”という弱点があり、”少しぐらいなら減っても大丈夫”と思ってしまうのです。

私の勧めるこの貯金方法は、その日一日に崩れた50円玉、100円玉、500円玉をケースに毎日貯金します。もちろん財布の中には1円玉、5円玉、10円玉と紙幣しか残りませんが、これでいいのです。

一般的に会計時使用される100円と500円が無ければ、
紙幣を使用します

小銭が返ってきます

50円と100円と500円を貯金します…

この繰り返しになりますが、紙幣は無くなっても、残った小銭は貯金されるというものです。

何故小銭ケースがいいかと言うと、ケースは50枚入りの10枚間隔で仕切りが付いています。つまり、一目見れば”今いくら溜まっているか”が分かるのです。それが分かるかわからないかで人間のモチベーションは変化し、わかる方が圧倒的に持続性が出て来るのです。

この貯金方法は、習慣づけと目標を立てる事が大切です。習慣は、”毎日財布の中の小銭を抜く”でいいと思います。目標は難しく考えずに、”欲しい化粧品は小銭貯金で溜まったお金で買う”などでも十分です。

③貯金箱がいつでも身近にないように

先ほど②で紹介した方法は、”家”でも”会社”でもどちらでもいいですが安全性からみて”家”の方が良いと思います。学習机の鍵付きの引き出しのような場所に並べて保管しておくと管理しやすいです。

問題は”会社での貯金”なのですが、自分のデスクの奥底(普段他の人が明けないような場所)にひっそりと保管します。こちらは幅を取るといけないので、小ぶりなケースにしましょう。会社での貯金も同様に、その日の昼に買った弁当のお釣を全てケースに放り込みます。5枚~10枚ごとにテープで止めると沢山保管できます。

私は鍵付きの引き出しが有ったので、紙幣(一日一枚財布に千円札があった場合のみ)を折りたたんで入れていました。ただし、これは会社によっては危険な行為なので周りの環境を見てからにしましょう。

プラスの副作用もあり、この貯金法はめちゃ良いですよ♪

以前は、少額を降ろすだけでも口座からお金を降ろしていたのですが、この方法をしていくうちに口座からお金を降ろす機会が減りました。500円玉を貯金するようになるとわかるのですが、財布に小銭が500円玉しかない日は500円玉を貯金したいがためにお菓子を我慢すると言う行動も出来るようになります。

私はこの方法を試してから約半年で30,000円の小銭貯金に成功しました。これは途中で急な出費が入った例なので、貯金していた小銭1枚も使用せずに貯めるともっと貯まると思います。

女性は特にお金に対してシビアですから、100円でも500円でもあれば嬉しいと思います。出費ばかりじゃなく、忘れたころに溜まっている喜びを味わってください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る