レディースキャッシングでお金を借りる時にやって良いこと・悪いこと

Pocket

SPONSORED LINK

お金を借りる目的・用途は本当のことを正直に言うべき?

レディースキャッシングの申し込みをする時に「借入申込書」というものを最初に書きます。ここには「住まいが持ち家なのか賃貸なのか、年収、家族構成、勤務先、勤続年数」など色々と記入する項目があって、その中の一つに「借入目的」というのもあります。

それは「今回レディースキャッシングで借りたお金を何に使う予定なのか?」という事。ついでに聞いてるだけの様な印象も受けますが、実は借り入れ目的は審査の可否に関わってくる凄く重要な質問なんですね!審査ではあなたが書かされた項目は全てスコアリングされて点数化し、「お金を貸す事が出来るのか」「いくらまで貸す事が出来るのか」を判断する材料になるんです。

その中でもこの「お金を借りる目的・用途」は基本中の基本。審査の可否を左右する重要な質問です。お金を借りる目的は人それぞれですし、お金を借りる理由に「良い・悪い」があるのか?といった感じではありますが、貸す側が心配する様な使い道は「審査落ち」する要因の一つになるという事は覚えておきましょう。

具体的なNGワードとしては「ギャンブル」と「他社の返済の為」です。「ギャンブル」に関しては競馬やパチンコはもちろんの事、場合によってはFXや株も貸金業者からすると不安材料になります。投資して負ける可能性のあるものは全て「ギャンブル」とみなされる訳ですね。この「ギャンブル」を借入目的とした場合、かなりの高確率で審査は落ちると考えた方がいいでしょう。

そしてもう一つのNGワードが「他社返済の為」。これは、罪悪感の無さから意外と正直に言ってしまう人は多いんです。そして借入れする理由としても多いのも事実。理由としては、単純に「複数社から借入れして、この人はもう借金で首が回らなくなってるんじゃないか?」という貸金業者側としての心配です。

それと付け加えるなら「引越費用」もあまり心象よくないかもしれませんね。「そのお金持ってどこに行っちゃうの〜?」という貸金業者側の不安。バカバカしい話しに聞こえるかもしれませんが、貸す側としては身分証一つでお金を貸す訳ですから、返済してもらうにあたって不安要素が少ない方がいいのです。

あくまで堅く返済の見込める借入目的。無難なのはやはり旅行やレジャー、冠婚葬祭と言った所でしょう。大きなくくりで「生活費」なんてのもいいかもしれません。つまり結論としては、お金を借りる目的や用途というものは何でもかんでも本当のことを言えばいいってものでもないのです。

こんなエピソードがあります。ご夫婦二人で店頭に借入れの申し込みをしに来て無事審査がおりました。その時に言ったご主人の言葉が「良かったな!母ちゃん!!昔破産したからもう借りれないかと思ったよ〜」と。確かに破産をすると信用情報の「ブラックリスト」に載り審査は通らないのが普通ですが、このご夫婦は10年以上経っていたんですね。そうなると信用情報のブラックからは抹消されているのです。そして、そんな言葉を聞かされた貸金業者としては結局、お断りせざるをえない事となったのは言うまでもありません・・・

主人にナイショで借りてもいいの?

レディースキャッシングを利用するのに、ご主人や家族など周りの人にナイショでお金を借りたいという人は決して少なくありません。
ご主人にナイショで借りて「良いのか悪いのか」という問題は難しい所ではありますが、担保も必要なく、原則保証人が必要という事もないレディースキャッシングはナイショで借りる事自体は可能なキャッシングではあります。「良いのか悪いのか」という事であえて言うならば、ナイショに出来ないなら最初に相談するべきだと思いますし、ナイショにするなら途中でバレる様な事は無く最後完済するまでナイショにしておく事でしょうね。

基本、キチンと毎月の返済を怠る事が無ければまずバレる事はありません。仮に5万円借りても毎月2,000円ペースの支払いなので、毎月返済出来るキャッシングの上限金額を決めて、計画的な利用の仕方さへ心がければ問題は無いでしょう。ただ、毎日一緒に生活をする人にナイショにしておくという精神的な負担はそう軽いものでもありません。利用前にはよーく考えて結論を出しましょうね。

収入を多めに申告してもいいの?

キャッシングの申し込みの時に書く「収入欄」。基本、年収を書く訳ですけど意外と多くの人が 多少「盛りギミ」に書くのではないでしょうか?そこには「見栄」もあるでしょうし、年収が多い方が借り入れするのに有利に決まってますからね。実際、貸金業者の方も年収が高い人ほど返済能力はあるとみなすので間違いではありません。

ましてや、消費者金融系であれば収入を証明する所得証明などの提出を求められる訳でもありませんし、個別に調査のしようもありませんからある意味「盛り放題」ではあります。つまり、担保も取らず所得証明も取らない自己申告を元に審査を進める為、そのリスクを回避するのに「信用情報機関」に照会するのです。収入は分からないにせよ、そこではあなたの過去の返済実績や現在の借入状況など詳細に調べる事が出来るのです。

でもそんなテキトーな収入の申告で本当にいいの?」と逆に心配になってしまいますが、審査というのはそう単純なものでもありません。「収入」と連動しているのが「勤務先」です。つまり「収入」だけが審査を大きく左右する訳ではなく、勤務先とのバランスで判断されるのです。勤め先が上場企業なのか非上場なのか、資本金は?従業員数は?なども含めて審査される訳です。

金融業者側もバカではありません。大量の個人情報を保有する業種ですから「上場企業で40代なら年収○○万円」「中小企業で30代なら年収○○万円」と大体の相場は把握しているのが普通です。そこであまりにも現実とかけはなれた収入を申告した所で不信感を持たれるだけの事でしょう。

これが万が一にも虚偽申告がバレる様な事があれば、即刻審査は落ちる事になりますし、場合によってはキャッシングカードを当分作れなくなる可能性すらあります。つまり、必要以上に収入を多く申告する事自体があまり意味が無いという事が言えるでしょう。

色んな業者にたくさん借り入れ申込をしてもいいの?

saya0I9A4209072170656

心配性な人だと「審査で落ちたらどうしよう」「今日どうしても必要なのに断られたら違う所に申し込みに行かなきゃならないしそんな時間もない」「もし審査に落ちた時の事を考えて、他の所も申込んどこうかしら」と考えたりします。

不安じゃなくても、断られてまた違う金融業者に申し込みに行くのも面倒ではあります。確かに効率を考えたらその方がいいのは間違いありません。しかしそれは「チョット待った!!」なのです。そんな事をしたら借りられるものも借りられなくなってしまいますよ。

これは貸す側の心理として考えてみて下さい。実際にはそうではなくても、同時に色んな金融業者に申し込みをしまくっているという事は「もしかしたら複数社から借りないと間に合わないくらいの大金をすぐにでもかき集めなければならない状況なのではないか?」「貸しては返しの自転車操業に陥っているのではないか?」といったマイナスのイメージしか持たれません。

又、これはイメージだけの問題ではなく「信用情報機関」にもリアルタイムでその申し込みした件数が「照会件数」として反映されています。同日に複数社の申し込み(照会)があった場合はチエックが入ります。

審査はスコアリングと言って点数化して審査を進める訳ですが、実際この照会件数が多いと減点されます。審査の基準は業者により異なりますが、まぁいいとこ1日2件でしょう。それ以上の申し込みは効率的どころか逆に非効率な申し込みの仕方であるという事を覚えておきましょう。

希望額はどれくらいの金額を言ったらいいの?

キャッシングの申込書には「希望額」という欄がありますね。「希望額なんだから多めに書いとけばいいかなー」などと色々考えてしまう所でもあります。もちろん、最終的な判断は貸金業者側の判断で決まる訳ではあるんですが、ここではあなたの「金銭感覚」も見られていると思ってもいいかもしれません。収入に対してあまりにも多すぎる希望額、利用目的に対してあまりにも多すぎる希望額はあなたの金銭感覚を疑われます

もちろん、必要ならそれはそのまま書くべきではありますが必要以上に多い希望額は、審査にあまりいい影響はないのは確かな事でしょう。




いかがでしたでしょうか?今回は借り入れを有利に進めるための方法はあるのか?という疑問にいくつかのポイントで説明させていただきました。大事なのは、事業構造を理解して貸す側の立場に立って物事を考えるということです。

あなたがお金を貸す側だとしたらどんな人に安心して貸すことが出来るでしょうか?ギャンブル目的や、借りる段階で嘘をつく人には貸したくないですよね?そこは最低限の守るべきモラルとして、あとは貸す側が知っているはずの情報、知らないであろう情報も整理しておきましょう。最終的な判断は各貸金業者が行うものですが、その想像を働かせるだけでもお金を借りられる確率は上がります。

借りることに成功しても浮かれることなく、今度は返すことに集中しましょう。期限内にきちんと返すことが今後のあなたの信用に繋がるのです。その基本的な部分は必ず忘れないでくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る