夫の転職で収入激減、子供たちの進学も重なり火の車

Pocket

SPONSORED LINK

夫が転職。しかし給料が新しく入るまでに4ヶ月間。。

私は専業主婦をしている41歳女性です。夫が転職をしたいということは以前より聞いていた話です。でも具体的にいつ?どんな仕事?というのは聞いていませんでした。

そのためにある日、転職先の良い候補があった、応募したいと言われた時にはちょっと驚きました。また、とうとう来たかという感じだったのです。そして応募して面接をして約半年で転職が決まりました。

前職を退職して新しいところに入るまで約3カ月の無職期間と、就職してもすぐには給料はもらえないので、無給で働く期間が約1ヶ月ありました。

その間の生活をどうしようかと思いましたが、仕方がなく、夫のお母さんから借りたのと、自分たちのなけなしの貯金を切り崩して乗り切りました。

結局借りたお金と、切り崩したお金は80万円

夫の母からは30万円借りていました。返済は無期限付きで。また私たちの貯金を切り崩したのは約50万円でした。

ただの生活をするだけだったら、ここまで必要なかったかもしれません。しかし、タイミングが悪く、夫が転職をした数週間後、長女が進学をしたのです。

そのために教科書や制服などまとまったお金が約15万円ほど必要でした。しかし教育費は削ることが出来ないですよね。仕方ないとあきらめて、私は日々の節約で乗り切ることにしました。

仕事も内職も考えたのですが、下に2歳の子どもがまだいたので、すぐに保育園に預けて働くということが難しかったです。そのためにいいところを探しながら節約を心掛けました。

家庭の支出を見直した結果、削る費用は交際費

これまであまり家計簿らしいものを付けたことはありませんでしたが、うちは夫の飲み代や交際費が多いということはわかっていました。そのために転職したばかりで職場に友達のいませんし、交際費をとにかく抑えるようにしました。

飲み代というのは結構痛いのです。その代り歓迎会はしっかり参加してもらいました。歓迎されるので費用は掛かりませんし、その場でとりあえず飲ませておいてストレスを発散させておいてほしいというのが私の願いだったからです。

転職して給料がきちんと出るようになって生活が安定した

節約の時期は食卓に上るのも豆腐料理ばかり、食事の時間も楽しくなく、でかけることも少なくなって、子どものストレスも溜まりギスギスしていました。でも給料がまともに出るようになって、少し生活が安定しましたね。

貯金をうめることは出来ていませんが、とりあえず日々の生活を送ることが出来るようになって家族に笑顔が戻ったような気がします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る