夫が突然の退職。寿司職人として独立するためにまとまったお金が必要に

Pocket

SPONSORED LINK

夫がお寿司の学校に通いたいと言い出しました。その額100万円!

私は41歳の主婦です。夫は二つ歳下なのですが、以前より、いつか自分で飲食店をしたいという夢をもっていることは知っていました。でも私は余り現実的には受け止めていなかったのです。だって、まったく別の職業をしていましたから。

そんなある日テレビでお寿司の学校の特集をしていたのです。それに興味を持ったのでしょう。自分なりに凄く調べたようで、ここに行きたいと突然言い出しました。私は突然の申し出でビックリしましたが、もっとビックリしたのはその金額を聞いてからです。

なんとそのお寿司のコースは3カ月しかないのに、100万円かかる。しかも今住んでいるところは四国なのに、東京で3カ月生活する費用が掛かる。いろいろ安く見積もっても合計で予算は150万円だと言われたのです。そんな金額を言われてもすぐに用意が出来るわけはありません。私は少し考えさせてとこたえました。

夫の進学を応援するためになんとかお金を工面

そんな夫は、もう気持ちは東京、すし学校にあり、あまり聞く耳を持ちません。自分の退職金を半分くらいあてることはできる、あとは貯金を切り崩すしかない・・と。

でもこの貯金に手を付けるのは嫌でした。夫はもともとギャンブル好きで結婚前には貯金はゼロ。結婚後私が管理をするようになり、少しずつ貯金をしてきましたが、それも約50万円でした。それ以外は私の貯金をあてろってこと?と思い凄く嫌だったのです。

夫は結婚したら、結婚前の貯金も二人の財産だと思うのかもしれません。でもそのお金って、私が独身時代にコツコツためたお金だったのです。意地でも手を付けたくありませんでした。

そしていろいろな方法を検討した結果、マンスリーマンションは却下し、シェアルームに入る、そして遊ばないという約束で、約130万円くらいの予算にしたのです。そうすると、退職金の60万。貯金の50万、退職前の最後の給料の20万で何とか足りるという計算でした。

お金を払ってでも学びたかったことが学べた、あとはこれをどう現金化するか

夫はこの進学について非常に満足をしているようでした。またこれまで知らなかった世界や人脈も出来てこれからの目標が出来たようです。

ただせっかく学んだことがこれからに生かせないようでは困りますよね。お金を捨ててしまうようなものです。現在はまだ独立するほど技術はないのですが、飲食店にはかかわっています、これからどのように進んでいくか、それが一番大切だと思います。

貯金を使った分を取り戻すのはまだまだ時間がかかりそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る