レディースキャッシングのデメリットやリスクはどういうもの?

Pocket

SPONSORED LINK

お金を借りたことを家族や職場にバレるの?

「内緒でお金を借りたのに家族や職場の人に後々バレたらどうしよう・・・」そんな不安や心配ありませんか?家族にバレても揉める原因になりますし、職場なんてバレたら最悪ですよね。

職場なんかは、借りてるというだけで「お金にルーズだ」とかすぐに噂になります。場合によっては査定に影響する事もあるかもしれません。そんな妄想が頭の中で膨らんでレディースキャッシングに二の足を踏んでいる人も少なくないかもしれませんね。

しかし、この「借りたらバレる」というのは大きな誤解なんですね。なぜバレないかって、それは今のレディースキャッシングというのはバレない申込みのシステムになっているからなんですね。ただ、気をつけて欲しい事が何点があるのでよく覚えといて下さい。

借入れの明細書が郵送されない様にするベシ!

これは振込みでレディースキャッシングを利用した場合の事です。自分の口座を指定してそこへ振込みしてもらうのは楽なお金の借り方ではあるんですが、これが意外と危険。振込みの融資を金融業者が実行すれば「利用明細書」をあなたに発行しなくてはなりません。発行された利用明細書は・・・当然あなたの自宅に郵送される訳ですね。

又、通帳をもし旦那さんや家族に見られた場合「このお金は一体何なんだ!」「けしからん!」なんて事にもなりかねません。だから、同じお金を借りるにしてもその「借り方」が重要なポイントになるのです。つまり、バレない借入れは「ATMでの借入返済」が鉄則なんです!

ATMといっても金融業者のATMじゃないですよ。今はコンビニやその他のATMでも提携してますから、銀行のカードから引き出す様な顔をしてレディースキャッシングを利用すればいいだけの話しです。そして利用明細書もその場で受け取り全てが完了です。

契約書類関係は自宅に届かないようにするベシ!

これは簡単な話です。郵送契約にしなければ、この問題はありません。インターネットやスマートフォンから申込みすればいいだけ。ネット上で入力だけ済ませばペーパーレスで全てが完了です。

カードを自宅に郵送されない様にするベシ!

これはちょっとだけ手間がかかります。ただ、最初だけなのでよく覚えておいて下さい。基本、インターネットでも電話の申込みであっても「カードの受け渡し」というのが発生します。申込みをして、審査が通って最後にカード発行。このカードを手に入れなければお金を受け取る事が出来ませんからね。

1番確実な方法はインターネットで申込みと審査を終わらせておき、審査が終わったら連絡が来るのでその時に「カードだけ無人契約機に取りに行く」旨を伝えておく事でしょう。

最悪無人契約機が近くに無い場合、郵送で送ってもらうしかありませんが郵送でも金融業者の名前で送られて来る事はないんですね。大体、送り人の記載無しか「事務センター」や個人名がほとんどです。ただ、カードの受け取りは1回だけの事ですし面倒でも取りに行った方が確実です。

一般的なキャッシングと比べて利子は高いの?

PAK85_laladentakuOL20140321 (1)

最近主流になってきているレディースキャッシング。このレディースだと女性向けだから利子も女性に優しく低いのかしら?それともレディースだとその分貸す側としてはリスクがあるから逆に利子が高くなるのかな?など色々と考えてしまいますよね。

結論から言いましょう。「レディースキャッシング」というのは女性向けのキャッシングという意味ではありますが、窓口が女性専用で女性が利用しやすい環境が整っているという意味の「レディース」であり、限度額や利子に関しては普通のキャッシングと何も変わりありません

利子が低い高いはどういった系統の金融機関から借りるかという事の方が違いが出ます。つまり基本、銀行系のキャッシングは利子が低く、消費者金融系は銀行系より利子が高いという認識で間違いないでしょう。ただ、利子が低いという事はその分、審査のハードルは上がります。主婦でもそれなりのパート収入や勤続年数なんかも見られることも多いです。

では、消費者金融系が利子が高くて何のメリットも無いかと言うと決してそんな事もありません。最近では銀行系のキャッシングに対抗して、銀行系のキャッシング審査よりはるかにスピーディーに審査を行い、即日回答なんて所もありますし「30日間無利息」なんて商品もあります

もちろん利子が低い所に越したことはないですけど、レディースキャッシングを選ぶ基準はそれだけじゃないですよね。借りやすい環境やスピーディーな対応、場合によっては家族にバレない借入れが出来る所と、人それぞれ重視する部分が違うんじゃないかと思います。だから利子だけに特化する事無く、自分に1番合ったレディースキャッシングを選ぶ事が大切です。

お金を借りる時は担保が必要?

レディースキャッシングでお金を借りる時って、自宅なんかの不動産など何かしら担保にしなくてはいけないんじゃないかというイメージを持ってる人はいませんか?もちろん「不動産担保ローン」という商品もありますが、借入れが身近になった現在では担保などは必要としない「無担保ローン」の方が今は主流となっているんです。

確かに昔は、お金を借りるという事は貸す方も返済出来なくなったリスクを考えて担保を取って万が一の時には担保を代わりとしていた訳です。でも、どうして担保も取らないで今はお金を借りる事が出来るのか不思議ではありませんか?これにはちゃんとした理由があるんです。

今は、審査に関しては昔より厳しく慎重に行われています。申込み人の勤続年数や年収、職業から家族構成と事細かく調査して、収入に対しての返済能力を数字で分析して限度額まで決定します。それともう1つ、借入れを申込むと必ず「信用情報機関」に個人情報を照会して、あなたの過去の返済実績や現在の借入状況を確認されます。ここでは照会と同時に今のあなたの個人情報を確認して、この信用情報機関に差し出すという作業がされている訳ですね。

ちょっと分かりずらい説明だったかもしれませんが、つまりあなたの個人情報を担保として信用情報機関に貸出してるという事なんです。だから今は「物」としての担保が無くても、厳密な審査と個人の信用でお金を貸してもらえるんです。

ただ、担保ローンというものが無くなった訳ではありません。今の担保ローンはどちらかと言うと「おまとめローン」的な意味合いが強く、担保を入れる代わりに高額な融資をする事が可能となり、金利も無担保よりは低く設定して何件もある借入先を一本化するというもの。

この場合の不動産担保ローンは限度額も数百万までと大口の融資となる訳ですね。だからレディースキャッシングと言われている、数十万円程度のキャッシングはほぼ担保は必要としない「無担保ローン」となるんです。

お金を借りたらブラックリストに載ったりするの?

PAK822_kaibunsyo14005645

ブラックリスト・・・嫌な響きですよね。でも実際「ブラックリスト」って一体何なのか。そんな黒いリストがあるものなのか。これは実際に「ブラックリスト」なんて呼ばれるもの無く、ましてやお金を借りただけでブラックリストに載るものでもありません。世の中で言われている「ブラックリスト」というものは通称であり、ブラックリストの扱いを受けるとカードが作れなくなったりローンが組めなくなったりするペナルティをこう呼ぶんですね。

これは「金融事故」と言って、信用情報機関にあなたの事故情報というのが登録されてその記録を金融業者が確認する事で「あなたには支払能力が無い」「貸付けするのは危険」と判断されるので、新たにカードやローンが組めなくなるという訳です。つまり、これが俗に言う「ブラックリスト」に載ると言われる現象です。ではどんな事をしでかすとブラックリストに載ってしまうのでしょうか?以下がそのケースになります。

弁護士などに債務整理を依頼した場合

これは今まで借入れをした借金が払えなくなってしまい、弁護士に頼んで債務整理をした場合です。債務整理には種類があり、金利をカットしてもらって分割の返済を続けていく任意整理や個人再生手続き、借金をチャラにする自己破産などがあり、これらを総称して「債務整理」と言います

この債務整理というのは、今まで借りてきた借金が払えなくなってギブアップした人の救済措置なので、これはブラックリストという扱いになります。

返済中の金融業者の支払いをしない、遅れる

これは先程ご説明した「債務整理」をする前の段階の人で、支払いが厳しくなってしまった人ですね。キャッシングには「返済日」というものがあります。その期限を過ぎても支払いをしない場合は、同じく信用情報機関に「延滞」という記録が残りブラックリストに載る事になります。

ちなみに「延滞」ってどの程度を言うのでしょう?1日遅れても1週間遅れても延滞は延滞。「えっ‼1日遅れただけでブラックリストなの?」という声が聞こえて来そうですが安心して下さい。基本、だいたい2ヶ月以上の延滞をここで言う「延滞」という扱いになります。だからと言って返済は遅れない様にして下さいね。1日、2日でもそれが毎回ではブラックリストには載らないまでも、金融業者から見て印象のいいものではありませんから。



今回レディースキャッシングの気になるデメリットやリスクについて詳しく説明しました!確かに家族にバレるリスクや、延滞による金融事故の可能性はありますが、事前に知ってしまえばなんてことは無いですよね!

色んな方がお金を借りる時代なので、それに応じてサービスも多岐に渡って用意されています。一般的な内容は今回お伝えした通りですが、それでも実際にお金を借りる際にはその金融業者がどのようなサービスを用意していて、どのようなリスクがあるのかしっかりと確認を行いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る