レディースキャッシング申込前に確認すべきこと!気になる4つの疑問

Pocket

SPONSORED LINK

キャッシングを申し込むのに必要な書類は?

レディースキャッシングを申し込むにあたっては「一体なにを自分が準備すればいいのか?」と心配になりますよね!
インターネットや電話ならまだしも、店頭にいきなり行って「あれも足りない、これも足りない」で何度も足を運ぶ様になってしまったら目も当てられません。出来れば事前に準備する書類を確認して一発OKをもらいたいものです。

ここでは、一般的なレディースキャッシングの審査で必要とされる書類関係をご紹介していきますので是非、申し込む前のチエック項目としてもご利用下さい。

・身分証明書(本人確認書類)
これはもう、絶対的に必要となる基本中の基本ですね。運転免許証・個人番号カード・住民基本台帳カード・特別永住権者証明書・パスポートなどなど・・・

この中でも1番間違いないのは「運転免許証」でしょう。基本、身分証明書として認められるものは公的機関が発行するもので住所、氏名、生年月日と写真があるものです。この条件をクリアするものが「運転免許証」となります。

普通はこの運転免許証だけで十分なのですが、運転免許証を持っていない人もいる事でしょう。この場合その他の身分証明書が必要となる訳です。健康保険証はどんな人も持っている書類だと思いますので、この健康保険証とサブの書類。つまり「健康保険証プラス住民票」だとか「健康保険証プラス公共料金の請求書」といった感じです。

※注意!!
よくある失敗が、住所変更して裏面に新しい住所が印字されているにもかかわらず表目しかコピーしていかなかったり、そもそも運転免許証を住所変更していなかったりした場合は受付けをしてもらうことが出来ません。

・収入証明書類
収入証明書は申し込みする場合に必ずしも必要になるとは限りません。規定はその貸金業者により異なりますが、限度額が50万円を超える場合や100万円を超える場合など、その融資額に応じて提出を求められる事がありますので準備はしておいた方が良いでしょう。

収入証明書とは、役所で発行してもらう「所得証明書」か、会社から発行してもらう「源泉徴収票」を言います。所得証明書は1番最近の収入証明書として直近1年分が必要となります。会社から発行してもらう源泉徴収票も同様に直近1年分です。もし、仕事を始めてまだ1年未満などを理由に源泉徴収票が出ない場合は、お給料明細もその代わりになります

直近連続2ヶ月分のところもあれば、直近半年分を必要とされる場合もありますので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。


電話のオペレーターには何を聞かれるの?

身分証1つですぐにお金を借りる事が出来るレディースキャッシング。借りる側からすればとても便利で助かるものですが、貸金業者からすれば身分証1つで担保も取らずに融資を行う個人の信用貸しですから、当然申し込み時には色々と詳細を聞かれる事となります。

お金を借りるからとは言え、初対面の人から個人的な事を聞かれるというのは、色々と不安もありますよね。また、ヒアリングでつまずいて審査に落とされたりされるんじゃないかという心配もあります。そこで、事前に聞かれる事がだいたい分かっていれば心の準備も出来ますよね。では実際どんな事が聞かれるのかを確認しておきましょう。

基本、借入申込書に記入する事を目的とする聞き取りで

・氏名、電話番号、住所、生年月日
・住宅の形態が持ち家なのか賃貸物件なのか。持ち家なら住宅ローンの毎月の支払額、賃貸物件なら毎月の家賃
・家族構成
・今回借入れの利用目的
・他者の借入れ状況(借入の総額と件数)
・今回の借入希望額
・勤務先の名前、年収、勤続年数、住所、電話番号
・社会保険なのか国民健康保険なのか
・所属の部署、職種、業種、社員数
・正社員なのかパート、アルバイトなのか

と、ざっとこんな感じです。

意外としどろもどろになってしまうのが「勤務先」の聞き取り。自分の勤務先の名前は誰でもすぐに答えられますが、住所と言われると即答出来ない事が多いので、調べておいた方がいいかもしれませんね。また、仕事については具体的にどんな仕事をしているかを聞かれる事もあります。

ちなみに、最近主流となってきた「ネット申し込み」も対オペレーターとのやり取りが無いだけで、入力項目はご説明してきた聞き取り項目と同じなので漏れなく入力出来る様に事前準備をしといた方がいいでしょう。

レディースキャッシングの申し込みで、たまにお金を借りるという罪悪感からか「担当の人は私の事をどう思ってるのかしら?」と心情的な部分を気にする人もいますが、オペレーターの担当はそんな事はいちいち気にもとめてもいないのが現実です。1日に何人も、多い時は何十人も行われる審査というのは実際、確認の意味だけという感じの事務的な流れ作業の様なものです。

あなたが気にする程、オペレーターはあなたの個人情報は気にもとめていませんし、オペレーターは目の前の申込書を漏れなく埋めるのに必死なのです。あなたが審査を通したい気持ち以上に、貸金業者側も企業存続の為に審査を通す事に必死です。お客様であるという立場で堂々とレディースキャッシングの電話の申し込みにのぞんで下さい。

借り入れ審査にかかる時間はだいたいどのくらい?

レディースキャッシングを利用する目的の1つに、そのスピーディーさが挙げられるとは思います。
どこの貸金業者も「即日回答の即日融資」を売りにしていますし、それがレディースキャッシングの最大のメリットでもあるのは間違いありません。ただ、申し込みする金融機関によりそのスピードには違いは出てきます。

消費者金融系であれば、通常は申し込みしてから最短で1時間〜2時間程度、早い所だと30分で審査回答は出ますが、銀行系の審査になると早ければ1時間程度で出る事もあれば、1週間近くかかる場合もあります

銀行系の場合は事前にスピード融資を売りにしている金融機関かどうかをホームページ等で確認してからの申し込みが必要でしょう。一方、スピーディーと言われる消費者金融系の場合でも中には審査に時間がかかるケースもあります。消費者金融系の場合は、その審査内容が理由で時間的違いが発生します。

これは、融資可能かどうかが微妙なラインの場合。つまり、融資可能な審査の範囲内ではあるけれど他者の借入れが多かったり、返済の遅れが多少目立つ場合などは「融資可能かどうか、可能であれば限度額をいくらに設定したらいいのか」を含めて慎重に審査をしているのが理由です。又、そういった理由でなくても融資希望額・限度額が50万円以上、100万円以上となる場合も審査に時間がかかる場合があります。

借りたお金はどうやって受け取るの?どう返すの?

PPC_1manensatu4mai

レディースキャッシングで審査が通過すれば、あとは実際に融資金をもらうだけです。ただ、このお金の受け取り方の方法にもいくつかの種類があります。以下が代表的な3つのお金の受け取り方です。

キャッシングで借りたお金を受け取る主な方法

1.銀行口座への振込み
来店せずに、レディースキャッシング申し込みから融資実行まで誰にも会わずに終わらせたい人向けの方法です。また、誰にも知られずにお金を受け取る方法でもあります。

貸金業者によってはホームページから、スマホなどで口座登録から振込み額の指定、実行と出来るシステムになっている所も多いので大変便利にはなってますね。

ただ、気をつけなくてはいけないのは振込み依頼をする時間帯です。銀行の当日扱いというのは夕方3時までですので、当日振込みをして欲しいときはその時間帯迄に振込み手続きを終わらせなくてはなりません。手続きが遅いと、当日必要なのに翌日扱いの振込みになってします可能性もあります

2.店頭での受け取り
店頭に足を運んでお金を受け取る確実な方法です。レディースキャッシングの申し込みを店頭でしていれば、この方法でお金を受け取るのが1番間違いない方法でしょう。店頭に行くというのは、誰かに見られる可能性もあるので内緒にして借りたい人には向いていない方法かもしれませんが、店頭に行くのはそれはそれでメリットもあります。

まず店頭にはスタッフがいるので、レディースキャッシング初心者の場合には色々と分からない事をその場で聞く事が出来ます。始めての場合は「返済額は毎月いくらなのか?返済日は?返済出来る場所は?」と色々分からない事ばかりです。こんな時は、インターネットや電話よりも担当スタッフと顔を合わせて話した方が早い場合もあります。

3.ATMでの受け取り
自動契約機でレディースキャッシングを申し込んだ人は、そこでカード発行もしてもらえる為、このATMでの受け取りが便利でしょう。カードを作ってしまえば、最近ではどこの貸金業者もコンビニ等のATMと提携してますから、近くのATMで必要な時に必要な分を受け取る事が出来ます。

ATMの注意点は、時間帯だけです。ATMの場合は「時間外手数料」というものがあるのは覚えておきましょう。時間外にばかり利用すれば、借り入れの利息が取られるおまけに、その分の手数料も引かれてしまいます。

レディースキャッシングに関わらず、銀行のカードでもこのATM手数料というのは結構バカになりません。お金を受け取るにしても賢い受け取り方をした方が良いでしょう。

レディースキャッシングでお金を借りたら、次は毎月返済していかなくてはなりません。この返済方法にもいくつか種類があります。以下が一般的な返済方法となります。

キャッシングで借りたお金を返済する方法

1.スマートフォン、携帯、パソコンでの返済
お金の受け取りと同様、この方法が最近では主流になりつつあります。当然、店頭へ足を運ばずに24時間返済が可能で金融機関の時間外、土日祝日でも振込手続きは可能です。

注意点としては、いつでも出来ると安心して時間外に手続きをしてしまうと、翌日扱いになり「延滞」扱いになってしまう事もあるので注意しましょう。

2.銀行振込みによる返済
近くの銀行からレディースキャッシングの指定の口座へ振込む方法。
手数料はお客様持ちになるのであまりオススメでは無い返済方法ですが、スマホや携帯なども使わずカードも持ち合わせていない時はこの方法しかありません。

3.ATMや店頭からの返済
全国の提携ATMによる返済と、店頭窓口による返済。 ATMによる返済は最もポピュラーで、提携ATMも日々増加している現在では使いやすい返済方法ですね。

店頭での返済はあまりいないかもしれませんが、やはり何か確認したい事や聞きたい事がある時は、店頭で相談しながらの返済に勝るものはありません。又、最終の支払いや完済後に契約書を解約・破棄してもらう場合なども店頭が一回で済む為、便利かもしれません。


ご主人や家族への相談はしなくて大丈夫?

レディースキャッシングを申し込むにあたって、ご主人や家族に相談しなくて大丈夫なのか?相談しないで内緒で申し込みをして後からバレたりしないものなのか?という心配があるかとは思います。

一般的なクレジットカードとは違い、レディースキャッシング等のカードはどちらかと言うと家族やご主人には内緒で作るケースが多いのではないでしょうか。
レディースキャッシングは申し込みのカード発行から利用明細や契約書類等の郵送などは一切無しに手続きが完了する為、まず家族にバレるという心配はありません。最近ではペーパレス化も進んでおり、全てがWeb上で完結してしまう契約手続きもあります。

しかしながら、いくらシステムがしっかりしていても、同じ家で一緒に過ごすわけですから何かの拍子にばれてしまうことも少なく有りません。それが夫婦喧嘩に発展してしまう場合や金額や用途によっては最悪の場合、離婚に至るケースもあります。

なのでレディースキャッシングを利用する際には本当に借りるべきかどうかとともに、借りる必要がある場合には家族に相談することをお勧めします。最初から一定の理解を得ていれば安心して借り入れを行うことが出来ますし、なんらかの理由が返済が出来なくなったときもご主人やご両親に助けを得ることもできるかもしれません。

女性の急な出費には大変嬉しいレディースキャッシングですが、返済計画も含めて地に足を付けた利用を心がけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る