婚活サイトで出会った男性は競馬大好きなお金クレクレさんでした

Pocket

SPONSORED LINK

私は現在アラフォーの派遣社員です。

元々正社員で働いていましたが、会社の方針についていけず精神的には楽な派遣社員と言う道を選びました。わかってはいましたが、手取りは激減、生活スタイルを変更せざるを得なくなりましたがその分時間に余裕が出来たので婚活を頑張ろうと某婚活サイトに登録をしました。

特に細かい条件は決めていませんでしたが、自立していて出来ればそれなりに収入のある方と思い探していたところ、同じ市内に住んでいるバツイチ男性Aからメッセージが来ました。文面も真面目そうだったので数回のやり取りをした後、その方に会ってみる事にしました。

言ってる事とやってる事がちぐはぐのオジサンが登場

お会いしたAさんは見た目もオジサンそのもので、パッと惹かれるものはなかったのですが先入観で人を判断してはいけないと思い、とりあえずお付き合いをしてみる事にしました。

最初にお会いした時にAさんは「俺、年収が多いからよく女性からメッセージがきてたんだよなぁ」と何故かその部分を強調してお話ししていました。確かに私もその一人です、と思いながら会話を続けていましたが、やはりバブル時代を生き抜いた方なので「女性にお金は出させたくない」とその辺りも心得のある方でした。

ある日何度目かのデートの際、車で迎えに来たAさんが私が車に乗り込むや否や若干興奮気味に「絶対にはずさない競馬の勝ち方を編み出した!」と頭の悪そうな事を言ってきたのです。そんなものあるわけないでしょ、と少しバカにしながら話を聞いていましたが、突然彼がこう言ったのです。

「今までお前にかかったデート代、全部俺に投資しろ!」

この人は、本気でこんな事を言っているのだろうか?と本当に耳を疑いました。奢られっぱなしなのは確かに悪いなと思っていましたが、こんな言われ方をされる覚えはありません。

私がムッとした顔をしたのをみてか、彼は「じゃあ、お金貸して!絶対に儲けて返すから!」と言い始めました。この時やっとこのAさんはギャンブルにハマっているんじゃないかと疑いを持ち始めたのです。

ギャンブル好きな彼に振り回されることに

あまりにしつこく話をされてこちらの話など聞く耳持たずで、「うん」と言うまで帰してくれないので彼に押されて彼の口座に20万円振り込みました。私も貯金がそれほどあるわけでもなく、万が一この20万が返ってこなくても・・・と言う最悪の事態は考えていました。

と、週明け彼が「お金返すよ~」と連絡してきました。多少の儲けが出たようです。20万を受け取り、それから2週間後彼はまた「20万貸して」と言ってきました。

もしかしてこれが延々続くのか・・・?と不安になり「私も生活が不安定だから」と一度断りましたが「でもこの前返したよね?」と前回きっちり返したことを理由にAさんも引き下がりませんでした。

結局ここでまた20万円を貸してしまう事になってしまったのです。

『呼び出されて利用される』結局貸した20万円はすべて使い切ってしまったようで「次は頑張る」と意気込んでいましたが、頑張る方向を間違えてるだろうと嫌気がさしてきました。

それから1ヶ月後に今度は直接競馬場に呼び出されたのです。今回はお金を貸しているわけではないので、自分のお金で遊ぶならいいでしょと思い言われるがまま競馬場へ足を運びました。何レースか終わった後Aさんが「ねぇ、1万円貸してよ」と言ってきました。「この前の20万もまとめて返すから」とまたしても人の話を聞かずに私から1万円を奪って行きました。

この日も結局負けてしまい、帰り際に驚きの一言が。「ねぇ、給料日までお金ないから1000円貸して」この人は貯金も生活費も全部突っ込んでギャンブルをやっているのか!と驚いたのと同時に、こんな大人になってはいけないと思いました。

とんでもない理由でお金を請求してきたのでとうとう別れることに

Aさんと付き合って半年。どうして付き合っているのか自分でもわからなくなってきたある日、いつもメールだけの彼から珍しく電話が来ました。

「出張でJRに乗ったんだけど、トイレに行っている間に置き引きにあっちゃって、会社のお金取られちゃってさ・・・。警察には届けたんだけど会社には知られたくないから20万貸して」とまるで特殊詐欺のような言い訳をしてきたのです。

もちろん私には貸す気はないし、お金もありません。「無理」と言いましたが、誰からも借りられなくて困っていると懇願されました。もう私は最後と思い泣く泣く貸す事に。それから数日後、この人とはもう絶対に無理と思い「別れましょう」と切り出しました。

それにはあっさりOKしてもらい、お金はどうしようかと言葉に困っていると彼から「ちゃんと全額返すから」と口座番号を聞かれました。不安はあったものの、それからほぼ毎月1万円ずつ返済があります。きちんとやれば返せるんだからもう少しまともな生活をしたらどうかと未だに思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る