貸したのに返してくれない親族、、最後の頼みはキャッシング

Pocket

SPONSORED LINK

相談されて人を助けお金に余裕が無くなる

私は40歳のアルバイト勤務で働く独身女性です。建築関係の事務員をしており収入は固定性では無くボーナスもありませんが、週5日、朝の9時から夕方5時まで勤務しているので、毎月ほぼ同額の安定した収入はあります。このような日々を送り、節約をして細々と暮らしておりましたが親族からお金に困っている話を聞かされ、何とかしてあげようとお金を貸しました。

その後何度も困っていると相談され、何度もお金を貸すハメになってしまいました。親族へお金を貸すばかりで全く返済が無いので、お金に余裕が無くなってしまい生活が苦しくなりました。そんな時に簡単にお金を借りれる金融業として消費者金融業で借りてみようと思いました。

助けて貰う為に金融業へ相談

私は人から相談されてお金を貸したのですが、返済が無いので迷惑を掛けられたっと思っています。それで私は人に迷惑を掛けないようにしようと思いました。そこで消費者金融業ならば、利息さえ払い、毎月ちゃんと返済すれば迷惑とはならずに逆に喜ばれるような形態です。

人に借りるよりは金融業者の方が後腐れないと思い、借入を行いました。私は人を助けてあげたけれど、私は人に助けて貰えません。それで助けて貰う為に金融業へ相談していると思うと何故か悲しく、情けなく、寂しい気持ちになりました。しかし頼れる事が出来る場があるので良かったと思いました。

結局テレビCMでも人気があって知名度も高い消費者金融業のアコムへインターネットから申し込みをしてみました。そうすると他に借入は一切無し、ローン契約も無し、アルバイト勤務だけれど継続し安定収入はあると言う事で、審査はすんなり通りました。担保や保証人無しで自分のステータスのみでスムーズに借入契約を取る事が出来ました。

第二の自分の財布のように利用出来るキャッシング

アコムを初めて利用する場合は無利息期間があるのでお得に借りれました。金額は50万円の利用限度額の枠を希望したのですが、全く初めての契約取引なので、利用限度額の枠は30万円となりました。

そして契約後にはすぐに受け取り提携ATMでキャッシングをしました。カードを受け取るのは実店舗でも可能だったのですが、人に逢うのがかっこ悪くて恥ずかしい気もしたので、無人の機械で誰にも合わずにカードを受け取れたので気楽な感じに思いました。

今すぐにたくさんのお金を使う訳ではなく、必要な時に必要な額を借入しようと思っていたので今回は5万円のみ借入しました。毎月返済期日は守り、給料のたびに多くの返済をしたり、そして又足りない時にはキャッシングしたりとまるで第二の自分のお財布のように利用してとても助かっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る