育児休暇中でもキャッシング利用ができたレイク

Pocket

SPONSORED LINK

がけっぷちの生活

私は今年25歳になる会社員で、仕事内容は経理をしています。うちの会社は大手企業であることから、毎月の基本給は16万円×ボーナス28万円(2回)は確実に保証されています。

そんな私がまだ22歳のときでした。旦那と結婚してからまもなく子供を授かり幸せの絶頂の中にいました。そこまで貯金はなかったものの、国からの育児給付金などで毎月の生活費をまかなっていました。月に25万円くらいの生活費がかかる私たちは、いつもギリギリのラインで生活をしていました。

旦那の仕事が不安定で、、、

しかし子供が生まれてから半年が経ったある日、旦那の会社があまり仕事をとれなくなってしまい、それにともなって旦那も仕事が休みの日が増えていきました。それまでギリギリのラインで生活をしていたので、旦那が休み始めたことは家庭に大打撃を与えました。旦那の名義でお金を借りようとも思いましたが、余計な心配をかけたくなかったので、私の名前でレイクにお金をかりることにしました。

とりあえず1ヶ月分の生活費を借入しようと思いましたが、初めてこういった消費者金融のキャッシングを利用するためおそらく最初の上限は10万円くらいまでかなぁと思っていました。一人でレイクに入り、お金を借りる事はかなり不安がありましたが、一度店内に入るとあとは自動ナレーションの説明に従って手続きを進めればいいだけだったので、少し不安はとけました。

思っていたよりもスムーズ!

私は育児休暇中だったものの、会社自体は大手企業だったので在籍確認もスムーズにいき、手続きが始まってから約1時間ほどで終了しました。しかしその日にお金を借りようとも思っていたのですが、最後の住所確認の際に免許証と今住む家の住所が異なっていたので、後日今の家の住所が記載された公共料金の請求書をレイクに持参することになりました。

レイクに再び請求書を提出してからは、すんなりとお金を借りることができました。

無理をしなければいいものだ

初めてキャッシングを利用したのですが、私が思っていたよりも借入の上限額が多く20万円まで借りることができました。そこで私は20万円を借り、その月の生活費にあてることにしました。それ以降は旦那が会社を休みになることもなくなったので、レイクを利用することもありませんでした。

返済は月に6000円ずつで、私が会社に復帰してからは残りの借金を一気に全額返済しました。あのときにレイクでお金を借りることができなければ、生活費を賄うことができなかったので、本当に助かりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る