結婚式でお祝儀払いができず、大金を急遽用意することに

Pocket

SPONSORED LINK

突然のプロポーズ

私は24歳の時に、3歳年上の彼にプロポーズされ結婚することになりました。彼とは一年間交際していたのですが、一度浮気をされ、別れる瀬戸際までいきました。しかし、彼は真面目な人だったので、自分の過ちを後悔し、改心し、その様子が見受けられたので彼を信じることにしました。その後、わたしのことは逃すまいと思ったようでプロポーズされ、結婚を承諾しました。

私は結婚を意識していたわけではなく、彼にプロポーズされるまでは結婚するなんて考えてもいませんでした。浮気をされてからは、彼との関係性は権力は私がにぎり、彼には何でも言いたいことが言えるようになり、彼も自分に非があるので、何でも聞いてくれるようになりました。

なんでそんな状態で?

彼は浮気をしてからは必死で何度も、プロポーズ的なことはされ続けていたのですが冗談まじりに断り続け、、、。しかし、ある日彼にこっちは本気だから真剣に考えろと怒られたのをきっかけに私も真剣に考え始めました。そして、結婚を決意しました。

ところがどっこい結婚するとなると、新居への引越し代や婚約指輪、結婚式の費用に結婚指輪などなどさまざなな出費が必要です。彼の貯金額を聞いてみるとなんと20万円しかありませんでした。何で貯金もないのに、プロポーズをしてきたのか本当に呆れました。

ほとんどが他人のお金、、、

しかし、親にも結婚の報告は行っていたので結婚の話はどんどん進んでいきます。結婚するなら私は婚約指輪も欲しかったのでその旨は彼に伝えました。すると婚約指輪は、彼が自分の父親にお願いし、結婚祝いとしてお金をもらい、そのお金で婚約指輪を買ってくれました。

もはや彼からではなく、彼の父親に買ってもらったも同然です。そして、新居の敷金礼金は彼が今度は彼の母親にお願いし、払ってもらいました。

そんなこんなでなんとか新生活を始めることができました。結婚式はさすがに無理なので、入籍をしてから一年後に設定し、二人で毎月こつこつと一年間貯金をしました。結婚式場は入籍をした時に、二人の思い出の場所だったところの式場にしました。ロケーションがとても良く、すぐに契約をしました。しかし、彼はあまり物事を深く考えるタイプではなく、、、

最悪の事態になりながらも

私たちの選んだ式場はお祝儀払いができない式場だったのです。なので、結婚式一週間前にその事実が発覚し、いきなり、320万円必要になってしまいました。結婚式の費用は二人で貯金したお金と残りは折半という話になっていて、私は独身時代にそこそこ貯金をしていました。しかし彼の貯金はほぼありません。また彼は自分の父親にお願いしていました。父親も彼が独身時代に貯金をさせてこなかったことに負い目を感じ、お金を彼の口座に送金してもらうことになりました。

結婚式の費用の振込期日の最終日に320万円分彼の口座に何とか用意できました。彼は仕事だったので、私が式場への送金をしようと銀行へ行きましたが、彼の本人の同意書が必要で送金することができませんでした。また、彼に連絡をすると、その口座は彼の親が彼の名義で作った口座で印鑑は実家にあると言い出し、その日に結局入金できませんでした。最悪なことに、その日は式場の休館日で式場に連絡することもできず。

彼が全ては自分の責任だと、次の日仕事の休みをもらい、全てやってくれて、何とか私たちは結婚式をすることができたのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る