小さなお金のトラブルが積み重なって友人と疎遠になりました

Pocket

SPONSORED LINK

中高仲良し6人組

中高一貫の女子校に通っていました。部活仲間、趣味仲間など色々なグループに属していました。人数が多い学校だったのでお手伝いさんがいる裕福な家庭の子から会社員の中流家庭の子まで様々な生徒がいました。なんとなく家庭環境が似通った者同士でグループが出来ていました。

私も様々なグループに属していましたが6年を通して一番良く一緒に行動していたのは中流家庭の子達が集まる私を含めて6人のグループでした。その中のAちゃんも中流家庭の子でしたが一人っ子だったからか何でも買ってもらえ年に数回海外旅行に行かせてもらえる私達からしたらうらやましい存在でした。親からカードを渡されていて親の許可なくカードで自由に買い物していました。勉強もできそれでいておおらかで明るく楽しい子でした。

ちょっと我儘な所もありましたが一緒にいると楽しいので良く一緒いに遊びに行きました。その頃より気分が乗らないとドタキャンがあったり、皆でお金を払う時に持ち合わせがないとか大きいお金しかないと言って払わず、そのまま後から払わないと言うことがちょこちょこありました。

ただその頃は一人当たり2、300円の負担だったので仕方ないと思いつつ見逃していました。時々海外旅行のお土産ももらったりしていたのでお金を返してと言いにくかったのもあります。

大学に入学して疑問に思うことが出てきました

高校を卒業後は皆あちらこちらの大学に進学したため会えるのが長期休暇の年に3、4回となりました。1年生は帰省した時に集まりやすい所で食事会が多かったです。冬休みの事皆バイトも始めたので少しおしゃれな所でコース料理を食べつつクリスマス会をしようとAちゃんが企画しました。

キャンセルがきかないお店で一人3万円でした。Aちゃんにはお手頃価格だったようです。バイトを頑張って待ち合わせ場所に行ったらお店から一番近い友人が言いにくそうにAちゃんが熱で来れなくなったと言いました。30分前に電話があったとのことです。仕方なく5人で6人分食べ、ブラス6千円を各自負担しました。その後、発熱ではなく別の友人とダブルブッキングした挙句こちらをキャンセルしたことが判明しました。

それから大学を卒業するまで何度もドタキャンをした挙句、キャンセル料を払わないことがありました。Aちゃんはふんだんにお小遣いをもらいバイトもしていません。お金には困っていないのに皆なぜだろうと疑問に思っていました。他のグループでもAちゃんはそういうことをしていることが耳に入りました。

皆怒ったのですが無下にも出来ず困ったと言いつつなし崩し的にAちゃんと付き合っていました。旅行をキャンセルされキャンセル料を払ってくれなかった時は本当に困りました。私だって行きたかったと泣くのです。結局4年でキャンセル料を各自10万円位を負担したと思います。幸いバイトで何とかなりました。

社会人になって決定的に

就職は皆地元に戻ってきました。会う機会と一緒に小旅行に行く機会もまた増えました。そうするとAちゃんの問題行動が目につくようになりました。働いたお金で何とかなるもののなぜAちゃんのドタキャン料を払わなければならないのかと皆怒り心頭になっていきました。そうこうするうちに結婚する人が出てきました。

お祝いは仲間内で3万円と決めました。ところがAちゃんは2万円しか入れず、さらには気が乗らないと披露宴を当日キャンセルする有様でした。キャンセルされた友人はお祝いもなかったと言います。自分一人の問題ならまだ良かったのですが結結婚は相手がいます。

ドタキャンされた友人達は相手と両家族に申し訳なかったと肩を落としていました。私も結婚後は働いてはいたもののドタキャン料を負担させらるのは主人に申し訳なく思うようになりました。

そんな中阪神淡路大震災がありました。

1月の終わりになってやっと連絡が取れ皆が無事であったことが判明しました。ただ家が半壊の子、失職した子もいました。2月頭、Aから突然電話がありました。結婚するから披露宴に来てとのことでした。でき婚らしく急ぐので2月末の式と言うことでした。全壊、半壊の友達に何かお見舞いをしようかと話し合っている最中だし、電車は会場まで全く動いていません。水も出ず家もぐちゃぐちゃでした。

呼ばれた同級生は10人、家が半壊した人も入っていました。皆で連絡を何とか取り、取りあえず何とか呼ばれた人だけで会える家に集合しました。誰も結婚式に行ける状況ではありません。自分の時にドタキャンされた3人は絶対行かないと言います。状況が状況だからお祝いを各自送るのと皆でお金を出し合って何かプレゼントにしようと決まりました。

なんとなく予想はついていましたが、、

集まった家から代表の子がAちゃんに皆行けないと事情を説明した所、激怒されました。声が大きいので全部筒抜けでした。絶対来てほしいと泣いて喚いているのが聞こえました。最後は来ないのだったらお祝い5万円位包んで誠意を示せと言い出す始末です。

これを聞いて皆で疎遠にすることにしました。裕福な子なのでただの我儘なのかお金にルーズなのか分かりません。それがなければいい子なので独身であれば文句を言いつつ何とか付き合えたかもしれません。しかし家庭を持ったり専業主婦になったりするともう付き合ってはいられません。お祝いとプレゼントは送りました。内祝いはありませんでした。

その後ご飯食べよ、遊ぼうと連絡がありましたが仕事、育児を理由に断り続けました。10年目位に向こうから連絡も年賀状も来なくなりました。結局皆疎遠にしたようで年に何回か会いますが、誰もAちゃんに声をかけておらず話題にも上がることがありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る