困った!気づけば…お金が減っているではないか!!

Pocket

SPONSORED LINK

浪費癖のある彼、そんな彼が大好きな私

今の旦那と出会ったのは、私が仕事を始めて4年目の冬でした。お給料も上がってきて、ボーナスもあり、自分で自由に使えるお金が増えてきた頃でした。旦那は付き合いだした頃、丁度それまでの仕事を辞めてアルバイトしながら資格をとっていました。

彼は浪費癖があり、ただでさえ安い給料なのに貰うとすぐパチンコで遊んでしまい、携帯代も払えないという事がしばしばありました。私の親は、私の電話を聞いていて、ろくな男じゃないから早く別れなさいと怒っていました。しかし、私はそんな旦那が大好きで放っておけなかったのです。

お金をねだる彼、そんな彼が大好きな私

デートの費用は全て私もちでした。お互いの家が近かった事もあり、週に5日は仕事終わりに食事に行ってはデートしていました。彼が美味しそうに食べているだけで、幸せでした。

旦那が欲しいものをおねだりしてくると、可愛いくて仕方なく、高い物でなければ買ってあげてしまいました。誕生日には一緒に旅行に行き、ブランド物のお財布をプレゼントしました。そのうち、旦那は支払いの時に私の財布を覗いては中身を確認し、お金を貸してと言うようになりました。

半分減っている預金残高、目が覚める私

そんな日々が続いて1年。いつものように自分の通帳からデートの為にお金を引き出そうとしました。
ふと、通帳の残高を見て驚きました。それまでコツコツと貯めていたお金が半分以上減ってしまっていたのです。

彼と結婚を真剣に考え始めていた頃で、やっと私の目が覚めたのです。このままでは、親に結婚を許してもらえない。もし許してもらえても、結婚後に破産してしまう。これは、彼の浪費癖を直すしかない!と思いました。

どげんかせんといかん!

まず始めに、消費者金融からお金を借りるような事をしていないかを確認しました。私の知らない所で借金が膨れ上がっていたら大変です。返せないと親に連絡が行くのが怖いという理由で、手を出してはいませんでした。

次に、外食を減らしてその分お金を貯めることにしました。花嫁修行と思って、食材を一緒に買ってきて私が料理を作るようにしました。私が値引き商品を選んでいるのを見て嫌がっていた旦那も、今では値引き商品が無いと買うことを迷うまでになりました。

そして、問題のパチンコ。金額を決めてそれ以上はできないようにしました。結婚するまでは中々上手くいきませんでしたが、結婚して旦那の通帳も私が預かり、お小遣い制にすると徐々に減っていきました。二人目を妊娠する頃には、親の責任やプレッシャーが出てきたのか、行かなくなりました。

結婚4年目。すっかり変わった旦那をみて、結婚して良かったと心から思います!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る