大学時代にヒモを養うため、コスプレ居酒屋でアルバイト

Pocket

SPONSORED LINK

幸せだったころ

わたしは内定取り消しをされてしまったせいで就職活動が長引いていて、精神的にかなり辛いところで優しくしてくれた彼にコロッとハマってしまいました。付き合い始めたころは、外食だとお金を出してくれていたし、プレゼントもちょこちょこくれるので、大切にされていると感じていました。

付き合って一週間くらいでほとんど彼がうちに居座るようになっていましたが、わたしは幸せでした。ごはんを作って、一緒に食べて、彼が美味しいと言ってくれる。洗濯をして、彼がありがとうと言ってくれる。まるで新婚生活のようだとうかれポンチなことを考えていました。

しかし、徐々に彼の本性が現れてくるのです…

跳ね上がる生活費

今まで一人分だった食費は二人分になり、光熱水費も上がるので、少しお金を出してくれるようにお願いしたのですが、『いまお金ないから、仕送り入ってからで良い?』という回答。何度もお金の話をするのも嫌なので、3ヶ月くらいで諦めました。

お米だけはくれていました。彼の実家が米どころ新潟だったので、送られてきていたようです。

集られる外食費

彼は運動部だったので、細身の割にとてもよく食べました。すぐにお腹が減るらしく、外食をすることもよくありました。わたしは料理が好きだったしアルバイト先でまかないが出ていたので滅多に外食をすることはなかったのですが、付き合いでお店には入っていました。

当然同じペースでお腹が減ることはないので、わたしは飲み物だけ頼んだりして時間を過ごしていたのですが、何故か会計はわたし。レジの前にいくとニコニコして、『ごちそうさま』と言うのです。腑に落ちませんでしたが、そこで揉めてもお店の迷惑になるので大人しく支払っていました。

2人分の旅行代

付き合い始めたころに、クリスマスに彼氏と旅行するのが夢なんだ、と話していたのを覚えていてくれていたようで、函館にいくことになりました。お金のない彼を思い、団体でいくバスツアーを申し込みました。初めて二人で過ごすクリスマスなのに、旅館に着くまで常に人がいる状態…それでも幸せでした。

楽しい旅行が終わり、お正月がきて、バレンタインがきて、ホワイトデーがきても、お金は返ってきません。『いまお金ないから、仕送り入ってからで良い?』って、またそれですか。。

目が覚めるまでちょっと時間かかりすぎたかも、、

最終的にわたしは普段の飲食店アルバイトと掛け持ちで、コスプレ居酒屋でアルバイトをしてお金を捻出していました。ヘソ出していたのでしょっちゅうお腹を壊していました。社会人になり目が覚めて、半年ほどで別れました。

いまは本当に気前の良く、優しく主人と、かわいい娘がいて幸せに過ごしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る