同棲中の彼氏による借金で人間不信にまで陥ってしまった体験

Pocket

SPONSORED LINK

大好きな彼と同棲始めました

私は20代前半の頃にお金のトラブルにより人間不信に陥り、長い間精神的な病に悩まされてきました。当時、私には大好きな彼氏がいました。私の猛アタックにより交際がスタートした為、彼の言うことなら何でも聞いていました。

付き合い始めて3か月、私はどうしても彼と一緒にいたいと強く思い、同棲生活が始まりました。付き合いが浅い内に同棲を始めたので彼の本質など全く理解出来ていませんでした。この時にしっかりと彼のことを把握していれば結果は変わっていたかもしれません。

同棲を始めるに当たって費用は全て私が出しました。多少の不満はありましたが私から言い出したことだったのでお金を払うのは当然か…と思うようにしました。一緒に暮らし始めたのですが彼はあまり家にいない人で仕事が終わっても真っ直ぐに帰宅をする日はありません。この時に初めて彼は根っからのギャンブル好きということが解ったのです。ギャンブルに関しては反対することはなかったですが毎日のように大金をつぎ込んでいるようだったので金銭的な面での不安は大きかったです。普段でもお金に困っていると嘆き、私に集る彼だったので厳しい状況のはずでした。

彼の本性が明らかになりました

ある日、彼の帰宅を待っているとインターホンがなり、ドアを蹴る音が響きました。恐る恐るドアを開けると強面の男性が立っていました。私に向かって「あいつは何処に隠れてるんだ?」と言い、勝手に部屋に上がり込むと部屋中を隈なく探し始めました。私は「警察を呼びますよ」と言いましたがその男性は彼の友人でした。その友人の話によると数か月前から少しずつ彼にお金を貸して、現在は50万円に達してしまったので返済を迫ったようです。彼は友人に借金をしてまでギャンブルに溺れていたのです。さらに、借金をしている相手は他にも大勢いるらしく、全て合わせると多額の金額に上ると聞き、頭が真っ白になりました。

彼が帰宅し、話し合いをしましたが借金返済の目処は全く立つことなく解決しないまま終了しました。その後、彼は私に泣きながらお金を欲求してきました。正直、生活費を全て払っている私にお金の余裕などありません。でもこのまま放っておいたら彼は消えてしまうかもしれない…という不安が過り、借金返済の為に夜のバイトを始めました。今、振りかえると別れる方が正解だったのですが当時は彼に依存してしまっていたのかもしれません。

今までの苦労はなんだったのだろうか

昼間は販売員として夜はキャバクラ嬢として働く生活は寝る暇もない程にハードでした。見知らぬ彼の友人達が借金の取り立てに来る度、働いたお金は全て消えていきました。その頃、彼と顔を合わせることは殆どなく、彼がどんな生活を送っているか解らない状態でしたが彼も頑張ってくれていると信じて必死で返済に向けて働きました。しかし、借金の取り立ての金額が一向に減らないことに気が付きました。

なんと彼は最近も度々、借金をしていることが判明し、さすがに私の我慢も限界がきました。私を利用して遊びまわっている彼に対し、憎しみが募っていきました。帰宅した彼を問い詰め、真実を聞き出そうとしましたが彼の態度は開き直ったのか、「俺のこと好きなら俺に楽させろよ」とあり得ない言葉を放ったのです。
私は何も言い返すことが出来ず、ただ涙を流し、その場から立ち去りました。

この瞬間に別れを決意し、彼との交際にピリオドを打ちました。別れた後はスッキリするというよりも虚しい感情に襲われ、男性恐怖症に陥ってしまい次の恋には中々進むことが出来ませんでした。好きになり過ぎると依存してしまう私の性格にお金が関わってくると、とことん利用されてしまうことを改めて感じ、反省しました。彼にはお金をプレゼントしたと思いこむようにし、記憶も全て消してしまいたい程、悲しい思い出です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る