小額ですが!ちょくちょくお金を貸してくれてと頼まれる。

Pocket

SPONSORED LINK

私は37歳のパートタイムで働く主婦です。結婚生活は14年目で、子供が2人居るので、これからが食費も教育費もかかる一方の我が家です。そんな事もあり、自分の小遣いや美容代と子供達の習い事の月謝程度は稼ぎたいと思ったので、数年前から資格を生かしてパートへ出ることにしました。

ちょくちょくお金を貸して欲しいと頼んでくるママ友

パートは毎日ではないので、学校関係の(子供の)お友達や幼稚園から続く近所に住むママ友さん達のランチやお茶会は週に1度程度で楽しんでいるのですが、その中で幼稚園時代から親しくしているママ友に時たまお金を貸して欲しいと言われます。

彼女とは8年のお付き合いな事もあり、互いの家も行き来する仲なので、なかなか断る事が出来ず、仕方なく貸していました。毎回借金の理由を「旦那が急な出張で現金を持たせてしまったので、我が家に現金がなくなったので5千円でいいから貸してくれる」とか、「子供の習い事の急な集金があって現金がないの三千円でいいから貸してくれる」などと、毎回小額のすぐに貸せるような金額を言ってくるのです。

なかなか返してくれないママ友

最初の頃はすぐにお金を返してくれましたが、回数が増えるうちになかなか返済してくれない事もありました。特に私の生活が困っていないことも知ってる彼女は、多少返さなくてもいいと?思うのか、まだ前回の分を返済してくれないのに、次の借金を頼んでくる事もありました。結局しぶしぶ貸す事になるのですが、そのうちに不満がたまりました。

なんとかお金を返してもらうために

そんな風に思った私はいろいろな手を考えました。家が近所で子供の学校が同じ事もあり、高校に入るまで何となくお付き合いして行く事になるので、あまり揉め事は嫌でした。特にお金関係でトラブルになるのはきっとよくないだろうと。

そんな中、私が思いついたのは!彼女をランチに誘います。なるべく2人でランチに行くように仕向けるのです。普段私たちがランチへ行く時はデザートを入れても2000円いかないお店なのですが、ランチをした後に財布を忘れた設定にしたのです。一瞬まじ?って顔をしましたが、その時は彼女に支払いを頼みました。

私はわざとその日のうちに彼女の家に返済へ行きました。別に今日でなくて良かったのに~と言われましたが、わざとその日に行きました。その事でなんらかしら察してくれたのか?それからは彼女に借金は頼まれなくなりました。なんとか作戦は成功したのでほっとしました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る