はまってしまったミュージカルのチケットを手に入れるために…

Pocket

SPONSORED LINK

大好きなミュージカル

小学生の頃から親に連れられてミュージカルや演劇の舞台を見ていました。親が大ファンだったので私も自然と舞台をよく見るようになり、好きな俳優さんもできました。最初の頃は、その人が出ている舞台を見るだけで楽しい、1か月に1回か2回見られればそれで満足していました。

しかし、見れば見るほどどんどんハマってしまい、観劇回数も自然と増えるようになっていきました。ただ当時はアルバイトであまりお金もありませんでしたので、安い当日券や後方の席のチケットを買って回数を増やすという事をしていました。

大好きな俳優が引退!その時…

その後は、アルバイトをしては舞台を見に行くという生活を繰り返していました。ある日金券ショップで見たい公演のチケットが売っていました。定価より少し高い値段で売っていましたが、席が前の方でしたので思い切って購入しました。

やはり後ろの席で見るより前方で見る方が迫力も楽しさも全然違います、アルバイトを増やし金券ショップやオークションサイトを利用してチケットを購入する事が増えていきました。そして、大好きだった俳優さんが引退するというニュースが入りました。私はもうなりふり構わず俳優さんの引退公演のチケットを購入しようとしましたが人気のある人でしたのでチケットは入手困難、金券ショップやオークションサイトを見てもとても高騰していました。

しかしこれを逃したら一生後悔すると思った私は、オークションサイトで売られていたチケットに入札することにしました。入札金額は10万円、しかし終了間際になるとどんどん値段が跳ね上がり最終的には35万円程度で落札になりました。落札した時は嬉しくて仕方ありませんでしたのでその金額の大きさをあまり認識していませんでした。

必死の返済、アルバイトを増やし

公演は無事に見ることが出来、後悔はありませんでした。しかし、当時アルバイトしかしていなかった私にとって35万円という大金の返済がその後重くのしかかりました。クレジットカードの分割払いで支払う事も考えましたが、35万円をリボ払いなどで払うとなるとその利息だけで長期間苦しむ事がわかっていたので、親に事情を話しとりあえずの返済をしてもらう事にしました。

1年に返済することを約束し、その後はアルバイトの時間を増やしまた好きだった舞台も控えとにかくお金を返すために働きまくりました。そのかいあってか、親への返済は1年を待たずに完了しました。公演を見られたことに悔いはありませんでしたが、その時に燃え尽きてしまったのか今はあまり舞台を見ることもなくなってしまいました。何事もほどほどが一番だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る