ギャンブルに溺れた彼氏とお金のトラブルについての体験談

Pocket

SPONSORED LINK

ギャンブル大好き彼氏

私が昔付き合っていた彼氏は、ギャンブルが大好きでした。暇さえあればスロットを打ちに行き、私よりもギャンブルを優先していました。当時は好きで付き合っていたので、同棲もしていましたが、そんな彼氏に対しておかしいだとか、何も思いませんでしたが、今思えばありえないことの連発でした。

デートの約束にこないと思っていたら、スロットで当たっていたので来れなかった、彼氏が忙しくて高設定の日に朝並べない時は、私に代わりに並ばせる、あまりにもスロットが好きすぎて副業としてスロットの台設定のバイトを始めるなど。今思えばスロット中心の生活で、よく私もそんな人と一緒にいたと思います。

給料をつぎ込む

彼氏は、給料日になるといそいそとパチンコ屋に出向き、決まってスロットを楽しんでいました。当然1日に何万と勝つこともあれば、何万と負けることもありました。月末になると、プラスマイナスがゼロになるどころかマイナスになり、生活費が足りなくなることもよくありました。電気が止められたり、携帯代も払えなくて携帯が止められたりすることも日常茶飯事でした。

しかも、スロット仲間でお金の貸し借りをしたりもしていたので、自分のお金に余裕がある時ですら、人に貸してしまって苦しい生活をしている時もありました。そういう時は私が足りない分を出していたのですが、なんで人に貸してまでこんな思いするの?と聞くと、俺だって苦しい時助けてもらってるんだからお互い様だと言って怒られました。スロットさえやめれば、不安定な生活をやめられるのになぁと思っていました。

消費者金融

そんなある日、届いた郵便物を見ていたら、ある、消費者金融の封筒がありました。私は一目見てビックリしてしまいました。お金に困ることはあっても、まさか消費者金融にまで頼ることはないと思っていたので、かなりの衝撃でした。

彼氏が仕事から帰ってくるのを待ち、問い詰めてみると友達がお金を借りるのに名前を貸しただけ、と言われました。わざわざ自分で借りないで人の名前を貸りてまで?とその友達に疑問を持ちましたが、今考えてみるとそれは嘘だったと思います。きっと彼氏が借りていたのでしょう。その日以来、少しずつ彼氏に対する不信感が生まれ始めました。

貯金がない!

二人で同棲を始めてから、将来のために共通の口座を作ってお金を貯めていました。普段記帳をしないのですがある日、ふと思い立って記帳に行ってみると、お金が引き出された形跡が!10万円ほどでしたが、そこで私は全てを悟りました。彼氏は二人のお金にまで手を出すほどお金に困っていると。かなりショックでしたが問い詰めると、

あっさりお金がなくどうにもならなかったと認めました。それからいろいろ話し合い、信用できないので別れることになりました。彼氏が10万円引き出したお金は、二人の共通のお金だったこともあり、半額だけ返してもらいました。生活費を立て替えていた分は、未だに返してもらっていません…。多分今後とも返ってくることはないでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る