ホストクラブにハマってしまって、夜勤を多くして稼ぎました

Pocket

SPONSORED LINK

ホストクラブとの出会い

私は30歳で看護師をしています。私は8年間ほど付き合っていた彼氏がいて、私はその彼と将来結婚を考えていました。そのつもりでずっと付き合っていたのに、突然フラれてしまいました。私はフラれてからはずっと落ち込んでしまって、寂しい気持ちでいっぱいでした。

私は暇さえればそのことを考えてしまうので、何か違うことを考えないとだめだと気持ちを切り替えるようにしました。私はあるとき街を歩いていると、ホストクラブの看板が目にとまりました。私は彼氏がいたことはホストクラブになんて興味なかったのに、今は寂しくて誰かに話を聞いてもらいたくて、興味本位でホストクラブに行ってみることにしました。

寂しさを埋める為にお金を使いました

私は最初にホストクラブに行ったときに、そのお店の雰囲気が凄くて、ビックリしてしまいました。お店中がキラキラしていて、カッコいいホストもたくさんいて私は一瞬にして心を癒されてしまいました。最初だったので、いろいろなホストの方が私の席に座ってくれました。

その中で私は運命のホストに出会いました。話も上手だし、顔もタイプだし、一緒にいて楽しいと思えるホストでした。私はフルーツの盛り合わせを頼んだり、ドンペリを頼んだりして、お金を使いました。お金を使うとホストも喜んでくれて私は嬉しくなりました。私はホストにハマってしまって、ホストに通うために仕事を頑張っていたような感じでした。ホストに通い続けるとさすがにお金もなくなってきてしまって困ってしまいました。

夜勤を多くやって稼ぎました

ホストに通っていると、一回で少なくとも10万円は使ってしまいます。なのでまとまったお金で100万円くらいは欲しいなぁと思いました。誰かにお金を借りるのも嫌だったので、私はホストクラブに通うために節約をしました。買いたい洋服も買うのを我慢して、安いものを買うようにしました。

そして私は看護師の夜勤の回数を多くして、夜勤手当を多くもらって稼ぐことにしました。看護師のお給料は良い方なので、夜勤を頑張ればコツコツとお金も溜まると感じました。私はホストのために頑張りました。お気に入りのホストをナンバーワンにさせてあげたいと思って、お金を何とか作りました。私はホストでお金をたくさん使ってしまって、生活に困ることもありましたし、夜勤を続けてやって体が疲労してしまうこともありましたが、ホストクラブに行くと心が満たされるのでやめられないと思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る