逃げられるとわかっていながら試した大金は大きいです

Pocket

SPONSORED LINK

736dfa01efa72369636a63bcf5d385be_s

信用できない父の親友

私は36歳、会社員です。父の親友で幼馴染の話です。父の小学校からの親友で私も小さい頃からスキーを一緒に泊まりがけで行ったり家族ぐるみの仲でした。その方は昔、私が幼い頃は貿易をしていました。お金に困った様子はなく神戸に住み華やかな印象でした。

コーヒーを飲むのもスプーンを使わずシナモンスティックを使ったり、ちょっと気取った感じもありました。母はこの方達家族が好きではなかった様で、父もこの方も結婚する前にお互いカップル時代に何度かダブルデートをしたそうです。その当時から良く思わず、何が嫌いだったの?と聞いても『何かがうさんくさい。』と言うだけでした。しかし、母の女性の第六感は当たっていたのです。

母が亡くなった途端の話です。

しばらく交友が途絶え10年以上父は会っていなかった様でした。母が癌になりお見舞いなどはなく、亡くした途端父を労わる様に頻繁に訪れに来ました。始めは凄くありがたく持つべきものは親友なんだなと思っていました。

父の誕生日にはバーベキューの出来る遊園地でサプライズパーティーをしていただきました。金額はかけずに入場券はネットで安く買ったから出しといてあげるよや、持ち寄りの材料でバーベキューをしてケーキをサプライズで出したりと子供達も楽しそうで私達も嬉しく、父も涙ぐんでいました。

それから、父達は何度か会って遊ぶ様になりました。しばらくしてその方の仕事先であるヨーロッパへ旅行に行くことになりました。ツアーは使わず自分達がプランを立てそれがまた楽しそうでした。それから旅行へ旅立ち、父がいない間に父の通帳を見ました。それには理由があり、私達兄妹には秘密で母を亡くし半年程でお付き合いしている女性がいる事や母の死亡保険を多額に使っていた事がわかりました。

もしかしたら一緒に行っているのではないかというのを調べていたところ別のものがわかったのです。一緒に旅行している友人へお金を300万円貸していたのでした。何故わかったかというと、通帳にその方から返してもらうと金額の横に書いてあったのです。

始めは5万円から10万円程で返金がありました。しかし借金を父からしていてどうして一緒に海外旅行しているのか疑問だった為帰ってきた時に問い詰めました。そうしたら、その友人の方は今は共同経営を何人かでしていて回らないからその一時金を貸しただけというのです。そこから私達夫婦は不信に思いこの方を試す事をしました。

還暦パーティー

父の還暦パーティーを少し派手にしました。もちろんその方を招待して反応をみたのです。思惑通りにまた、借金の依頼をしに後日やってきて父は200万円貸したようです。私達夫婦は問い詰めましたが、親友を信じたかった様です。

やっぱり逃げられました

思った通りその夫婦は夜逃げしました。風の噂で今は住み込みでホテルの清掃をしているそうです。この話が拡散してその方達に知れたらいいのですが、そういう輩は何とも思わずしてやったりと思うのでしょうかね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る