旦那さんのお金のルーズさに悩まされた話。

Pocket

SPONSORED LINK

はじまりは車の保険料

旦那さんとは四年前に出会い、旦那さんからの猛烈なアタックに負けて付き合いだしました。付き合い出した頃、旦那さんはそれまでの仕事を辞めて次の仕事の為に資格をとりながら働いていました。私は正規職員でバリバリ働いていたので、稼ぎは私の方が上でした。

日が経つにつれて、最初は勢いで付き合い出した私でしたが、旦那さんの優しさに惚れて大好きになっていきました。そんな時、旦那さんが車の保険が払えないからお金を貸して欲しいと頼まれました。何故私が払わなければいけないんだ?と一瞬思いましたが、大好きな彼の頼みです。彼の車でデートをしていたし、その車が保険が切れていては困ります。

しぶしぶ了承して、引き落としの日までにお金を用意して渡しました。その電話のやりとりを聞いていた私の母が怒って、そんな男早く別れた方が良い!と言い出してしまいました。なんとか、今回だけだと思うし大丈夫だと母を説得しましたが、それから結婚が決まるまではずっと母は彼のことを良く思っていなかったようでした。

だんだん露呈するお金に対してのだらしなさ。。

彼は本当にお金がないらしく、しょっちゅう携帯の使用料が払えずにとめられていました。あまりにも連絡がとれないことが多かったので、私名義でお互い2台目の携帯を契約して連絡がいつでもとれるようにしました。彼は2人専用の私名義の携帯を、ほとんどメインで使っていたようでした。

また、お金がないのにブランド物が欲しくて、よく私にねだってきました。私はそれまであまりブランド物に興味がなかったのですが、彼とデートでブランドのお店に入ることが増えて、自分も持ってみたくなりました。彼の誕生日に財布を送り、自分の誕生日に自分で同じブランドの財布を買ったりもしました。その頃になると、買いに出かける車も交通費も私が出すのが当たり前になっていましたが、彼と過ごす時間が楽しくてさほど気になりませんでした。

フタを開けてみるとまさかのパチンカー

しかしある時、ふと彼は働いているのにそんなにお金がないのか?と不思議に思うようになりました。彼のことを色々と聞いていると、お給料日に必ず大好きなパチンコに行っていることが分かりました。

お給料をほとんど全部下ろしてパチンコ屋に行っていました。当たった時はお金が増えるのですが、貯金するこではなく大好きな古着を大量に買ったり、気が向いた時は私に何かプレゼントをくれたりしていました。負けた時は、借金をしてまでは続けていなかったのですが、持っているお金は全て使ってしまっていました。

色々ありましたが今でも仲良くやっています

付き合って2年が結婚の話が出ました。結婚するきは、彼のお金の使い方を直してもらわないとできないと思いました。と同時に、かれの頼みの通りにお金を貸したりあげたりするのを辞めました。

それまで私のお金で遊びまくっていたのに、突然できなくなって彼が不機嫌になることが増えました。しかし、彼も正規職員で私よりも稼ぐようになると不機嫌なことも減りました。結婚を機に、家計を全て私に任せてくれ、今では一生懸命働いて養ってくれています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る