旦那が未納していた公共料金、その額なんと100万円

Pocket

SPONSORED LINK

旦那との出会い

今年25歳になる会社員です。私は今から1年ほど前に8ヶ月ほど同棲をした彼氏と結婚をすることになりました。結婚と同時に隣町へと引っ越したのですが、ずっと同棲をしていたこともあり、結婚後も大して生活に変化はありませんでした。それからしばらくして妊娠が発覚し、まさに幸せの絶頂にいた時でした。

多額の借金発覚!

ある日私が会社から帰宅すると何やらポストに書類がいっぱい入っていました。何だろうと見てみると、郵便物は全て私宛てで、昔住んでいた市からのお便りや年金センターからのお便りばかりで、何事なんだろうと思いました。家に入り中身を見てみると、衝撃的な事実が分かりました。それは旦那が今まで公共料金の支払いをしていなかったことです。

私が家の家主だったこともあり、私宛てで旦那の郵便物が届いたようだったのですが、書類を見る限り全部で100万円くらい税金の未払いをしているようでした。年金も、住民税も、健康保険料も今まで1回も払っていなかったので、これ以上滞納すれば会社に給料を指し止めしますと朱書きされていました。

夫の口から出てきた衝撃の台詞

私は怒りがこみ上げてきて、仕事から帰ってきた旦那に言いました。「今まで公共料金支払ってないみたいなんだけど、どういうこと?」と言うと、旦那は悪びれるどころかこう言いました。

「日本は税金取りすぎだからはらわなくていいよ」

旦那の言っていることがまったく理解できませんでした。こんな人だとは結婚するまで知らなかったので、私は怒るどころか呆れてしまいました。

借金の返済で私がとった行動とは?

とりあえず旦那では話にならないので、それぞれの未納額(合わせて100万円ほど)を分割で払うことにしました。住民税は月に1万円ずつ、保険料は月に5000円ずつ、年金は1ヶ月分を毎月納める形で交渉したところ、市役所は支払う意思があるということで、とりあえず遅延でかかる料金の支払いは免除されました。

現在も相変わらず返済をつづけており、毎月の出費+αでさらに支払わないといけないもで、ちょきんをする余裕もありません。ボーナスも未納額に全て回すので、貯金もまったくない生活がいつまで続くのか心配です。

この税金未納額があることを分かってからは、お金の管理を一切私に任せることになりました。
旦那の未納額のために、今家計はとても苦しくなっているので、旦那への制裁として毎月旦那にわたすお小遣いを5000円にして、家計をやりくりしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る