体が弱く、仕事が続かない主人。貧しい生活が続きそうです

Pocket

SPONSORED LINK

転職すると約束した主人。なのに、、、

私は30代の主婦で主人がある時会社を退職してしまいました。転職してもっと給料の良い会社で働きたいと言っていた主人ですが、仕事をせず、家にお金を入れてくれません。仕事をやめてもう1年近くになります。

以前大きな病気をしているので、体がきついことはわかっているつもりです。しかし、仕事を探そうとしない主人を見ると情けないです。決して体が動かないわけではありません。

辞めた仕事は外回りの仕事でした。体がきつく足がつるというので、仕事を辞めることに納得しました。やめてもアルバイトでも何でもして家にお金を入れる約束でした。今のところ家に入れてくれたのは失業保険だけでした。失業保険と私のパート代だけでは生活できません。

なんとかお金の工面をする毎日

毎月赤字の生活を送っています。もしものときにと思っていたお金を、少しずつ使っています。主人の給料が、毎月20万円くらいあればかなり助かります。余裕ができると思います。家賃は安いところに住んでいて、4万5千円です。安いところに引っ越しをしました。

買い物は安いお店でまとめ買いです。半額コーナーは必ず覗きます。高いものは絶対に買いません。近所の方に作った野菜をもらうこともあります。洋服は全く買っていません。子供たちの洋服は、おさがりをもらって何とかしのいでいます。大きくなって着れなくなったものは、ネットオークションで売ったり、リサイクルショップに持って行ったりしています。

おやつはいつも手作りで、お金をかけることはありません。子供会でもらったお菓子に子供たちは夢中です。もらったもち米でおもちを作り、食べさせることが多いです。腹持ちがするからです。

無理をせず新しい仕事を探してもらえるように

どうしたら仕事を探してくれるか考え中です。家でできる仕事をしたいようですが、これでは家族を養っていけません。私も、収入が増やせるようにパートの時間を増やしてを頑張っています。子供たちも協力してもらっています。貯金は少しででも手を付けないように必死です。

私は、主人の親のお世話をして、お礼に少しお金をもらっています。介護が必要なので家事や病院の送迎など、週に一度は手伝いに行っています。嫌味を言われて大変ですがお金をもらえるという点ではすごくありがたいです。お米をもらうこともあります。食費に回して、何とか生活できるようにつなげています。

主人は病気で死にかけたこともあり頑張りすぎて、また病気になっても困ります。無理のない範囲で仕事が見つかるのが一番です。毎日、明日こそはと期待しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る